産経ニュース

いとこの養母ら殺害の46歳、死刑確定へ 最高裁

ニュース 事件

記事詳細

更新


いとこの養母ら殺害の46歳、死刑確定へ 最高裁

 いとこの養母を死亡保険金目的で殺害し、金銭トラブルを抱えていたおじも刺殺したとして、殺人や詐欺などの罪に問われ1、2審で死刑とされた新井竜太被告(46)の上告審判決で最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は4日、「共犯者が意のままになることを利用して冷酷、非道な犯行を発案、計画し、実行させた。責任は共犯者に比べ相当に重い」として被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

 新井被告側は「共犯者の証言は変遷や不自然さがあって信用できない」と無罪を主張していたが、同小法廷は、「共犯者の証言は証拠から十分裏付けられて信用性が高い一方、被告の弁解は不合理だ」と退けた。その上で、「利欲的で身勝手な動機による計画性の高い犯行で、2人の生命が奪われた結果は重大だ」と指摘した。

 判決によると、新井被告は高橋隆宏受刑者(42)=無期懲役が確定=と共謀して平成20年3月、高橋受刑者と養子縁組した横浜市の安川珠江さん=当時(46)=に睡眠薬を飲ませて溺死させ、保険金3600万円をだまし取った。21年8月には2人のおじの久保寺幸典さん=同(64)=を刺殺した。

「ニュース」のランキング