産経ニュース

自衛官の夫の焼酎に毒混入 妻を殺人未遂容疑で逮捕

ニュース 事件

記事詳細

更新


自衛官の夫の焼酎に毒混入 妻を殺人未遂容疑で逮捕

 別居中の自衛官の夫(34)の焼酎に毒を混ぜ、殺害しようとしたとして、栃木県警捜査1課と宇都宮南署は30日、殺人未遂の疑いで、宇都宮市みどり野町、無職、鹿毛(かげ)陽子容疑者(33)を逮捕した。黙秘しているという。

 逮捕容疑は10月29日午後3時ごろ、同市内の夫の家で、ひまし油の原料となる「トウゴマ」から抽出した猛毒のリシンを紙パックの焼酎に混入し、殺害しようとしたとしている。当時、夫は外出中だった。

 今年9月中旬に県内の医薬品販売会社から「鹿毛容疑者が偽名を使って毒物の購入を試みていた」と通報があり、捜査の結果、夫とトラブルがあったことが判明。夫に話を聞いたところ、「8月中旬ごろ、自宅で焼酎を飲んだらひどく体調を崩した」と話したため、夫宅に残っていた焼酎を鑑定した結果、植物性の毒物が検出された。

 その後、県警は10月29日に、鹿毛容疑者が夫宅に立ち寄るのを発見。焼酎を押収して成分を鑑定したところ、トウゴマの種子に含まれる毒成分が検出されたという。

 同課によると、夫婦は今年3月中旬から別居していたという。

「ニュース」のランキング