産経ニュース

政策にコミット!? 民主・小見山議員、政治資金でライザップ スリムに変身も…「血税を使うな」抗議殺到

ニュース 事件

記事詳細

更新


政策にコミット!? 民主・小見山議員、政治資金でライザップ スリムに変身も…「血税を使うな」抗議殺到

民主党の小見山幸治参院議員

 小見山氏は地元岐阜県の自転車競技連盟会長や生涯スポーツ連盟会長を務め、地元でのスポーツ振興に力を入れている。ただし参院ではスポーツ振興を所管する文教科学委員会ではなく、環境委員会に所属している。

 事務所によると「支援者から『スリムになったね』などと言われることもあるようです」。この支出に関して28日に一部で報じられ、事務所には「私費でやれ」「血税を使うな」などの電話が多数寄せられたという。

 政治評論家の有馬晴海氏は「ライザップに通う国会議員は少なからずいる」と明かしつつ、「ほとんどは私費で、政治資金から支出するのは論外だ」と指弾。来年1月4日召集予定の通常国会で「スキャンダルを抱える閣僚を野党が追及すれば、与党からこの問題で攻め返される可能性がある。ライザップに通う議員全員が、私費か公費か国会で問われるかも」と話している。

小見山 幸治(こみやま・よしはる)1962(昭和37)年11月8日生まれ、53歳。岐阜県出身。福島大経済学部卒業後、国会議員の松田岩夫氏の事務所に入り、公設・政策担当秘書などを25年間務める。2010年の参議院議員選挙に民主党から岐阜県選挙区で出馬し初当選。当選1回。

「ニュース」のランキング