産経ニュース

オウム真理教元幹部の菊地直子被告に逆転無罪判決 東京高裁

ニュース 事件

記事詳細

更新


オウム真理教元幹部の菊地直子被告に逆転無罪判決 東京高裁

菊地直子元信者

 

 

 オウム真理教による平成7年の東京都庁郵便物爆発事件に関与したとして殺人未遂幇助(ほうじょ)罪などに問われ、1審東京地裁の裁判員裁判で懲役5年を言い渡された教団元幹部、菊地直子被告(43)の控訴審判決が27日、東京高裁で開かれた。大島隆明裁判長は1審判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 大島裁判長は1審が有罪の根拠とした元教団幹部井上嘉浩死刑囚(45)の証言を「信用できない」と指摘した。爆薬原料の運び役として起訴された菊地被告に、原料の薬品が事件に使われるという認識があったかが争点で、弁護側は無罪を主張していた。

 1審判決によると、菊地被告は同7年4月、山梨県内の教団施設から東京都内のアジトまで爆薬原料の薬品を運んだ。翌月、元幹部らが爆弾を仕掛けた小包が都庁の知事秘書室で爆発し、職員が重傷を負った。この事件は教団に対する捜査のかく乱が目的だった。

「ニュース」のランキング