産経ニュース

ゲイ専門AVメーカー社長を逮捕 17歳少年撮影疑い 警視庁

ニュース 事件

記事詳細

更新


ゲイ専門AVメーカー社長を逮捕 17歳少年撮影疑い 警視庁

 当時17歳の少年をアダルトビデオに出演させたとして、警視庁少年育成課は、児童福祉法違反(淫行させる行為)と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供目的製造)容疑で、東京都新宿区のゲイビデオ制作「ジャスティスコーポレーション」社長、大井正太容疑者(48)=文京区千石=を逮捕した。同課によると「18歳未満とは知らなかった」と容疑を否認している。

 同課によると、同社は18~19歳が出演する「GUILTY」シリーズや、20~25歳の「JUSTICE」シリーズなど計約50作を制作。インターネットなどで販売し、平成20年からの7年間で約2億8千万円を売り上げたとみられる。

 大井容疑者と少年は、ゲイ専門派遣型風俗店の客と従業員として出会い、26万円でGUILTYシリーズの1作に出演する契約をした。少年は調べに「大井容疑者に17歳と伝えた」と話しているという。

 逮捕容疑は平成25年2月中旬、新宿区内のマンションで、当時17歳の少年にわいせつな行為をさせた上、不特定多数に提供する目的でその様子を撮影しDVDにしたとしている。

「ニュース」のランキング