産経ニュース

【靖国爆発】不審物、リード線で接続 現場にパイプ4本、デジタルタイマー、単一、単三電池… トイレ屋根裏に隠蔽か

ニュース 事件

記事詳細

更新

【靖国爆発】
不審物、リード線で接続 現場にパイプ4本、デジタルタイマー、単一、単三電池… トイレ屋根裏に隠蔽か

不審物が見つかり、ブルーシートで覆われた靖国神社内の公衆トイレ(左奥)=24日午前、東京都千代田区

 靖国神社(東京都千代田区九段北)の公衆トイレで爆発音がした事件で、現場から見つかったパイプやデジタル式タイマーに、それぞれリード線が接続されていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁公安部は何者かが爆発物のようなものを製造し、トイレの屋根裏に仕掛けた疑いがあるとみて捜査。不審物の爆発能力などを調べている。

 捜査関係者によると、爆発音がした男性個室トイレの天井には約30センチ四方の穴が開いており、屋根裏には束ねられた金属製とみられるパイプ4本があった。一方、床にはデジタル式タイマーや単一と単三の乾電池が数個落ちていた。

 パイプとタイマーはそれぞれ、同材質とみられるリード線と接続。当初、繋がっていたが、何らかの原因で切れた可能性がある。パイプは両端が覆われ、内容物があるとみられ、公安部は確認などを急いでいる。

 現場では爆発音や煙が確認されているが、不審物には発火した形跡はなく、爆発によって生じる残留物も見つかっていない。便器は破損しておらず、床や壁にも焦げた痕はないことから、爆発はなく瞬間的な燃焼が起きた可能性もある。

このニュースの写真

  • 不審物、リード線で接続 現場にパイプ4本、デジタルタイマー、単一、単三電池… トイレ屋根裏に隠蔽か

「ニュース」のランキング