産経ニュース

アルバイト感覚で芸人ら数百人が加担 療養費詐欺、ずさん審査が不正請求の元凶

ニュース 事件

記事詳細

更新


アルバイト感覚で芸人ら数百人が加担 療養費詐欺、ずさん審査が不正請求の元凶

 暴力団関係者らによる診療報酬や療養費の架空請求事件では、暴力団組員やお笑い芸人ら数百人が保険証を提供しており、少額の報酬目当てに「アルバイト感覚」で詐欺に加担していた格好だ。全国で絶えない診療報酬の架空請求。捜査幹部は「ずさんな審査が不正請求の元凶だ」と分析している。

「気軽」に加担

 「なんのことだか、分かりません」

 10月中旬、架空請求に名前を使われていたお笑い芸人の男は産経新聞の取材に悪びれる様子もなく答え、お笑いのライブ会場を後にした。

 警視庁組織犯罪対策4課が入手した保険証を提供したとみられる名義人には、数百人の名前がずらりと並ぶ。その中には、暴力団組員、お笑い芸人の名前もあった。捜査幹部は「保険証提供者の報酬はせいぜい数千円。アルバイト感覚でやっていたとしか思えない」と指摘する。

「ニュース」のランキング