産経ニュース

秋田の海岸に遺体漂着 北朝鮮か、ハングル記載の救命胴衣

ニュース 事件

記事詳細

更新


秋田の海岸に遺体漂着 北朝鮮か、ハングル記載の救命胴衣

 2日午後1時15分ごろ、秋田県男鹿市北浦入道崎下中野の海岸に遺体が漂着しているのを、近くで釣りをしていた男性が見つけた。付近ではハングルが書かれた救命胴衣なども発見され、県警は北朝鮮との関連を調べている。

 県警によると、遺体は男性で、身長は約162センチ。ハーフパンツをはいており、一部は白骨が見えている状態という。

 秋田海上保安部によると、周辺の海岸では多数の木片が見つかった。最も大きなものは長さ約6メートルで、木造船の左舷部分とみられ、ハングルのような文字が書かれていた。ハングルが書かれた救命胴衣1着も漂着していた。

 秋田県では1日にも、約30キロ離れた三種町の海岸でハングルが書かれた木造船が漂着しているのが見つかっている。船体は北朝鮮の木造船によく見られる、タールのようなもので塗装されており、県警は北朝鮮の船の可能性があるとみている。

「ニュース」のランキング