産経ニュース

【疑惑の濁流】小渕優子さん、これで事件は幕引きですか? 「姫」と「城代家老」が地元・群馬でやっていたこと…

ニュース 事件

記事詳細

更新

【疑惑の濁流】
小渕優子さん、これで事件は幕引きですか? 「姫」と「城代家老」が地元・群馬でやっていたこと…

調査結果を受けて記者会見する小渕優子氏=20日午後、群馬県前橋市(長尾みなみ撮影)

 昨年のちょうど今ごろ、世間の注目は、あるエリート政治家に集まっていた。小渕優子元経済産業相(41)=群馬5区=の関連団体をめぐる政治資金規正法違反事件。改造内閣の目玉だった小渕氏は、後援会が開いた「観劇会」をめぐる巨額の収支不一致問題で閣僚辞任に追い込まれた。あれから1年。検証を担当した第三者委員会が10月19日、東京都内で調査結果を発表したが、元秘書の公判で指摘された「裏金」や「飲食接待」などの疑惑が晴れたとは言い難い。小渕氏は裏金について「調べる」というが、それなら検証は何だったのか。一連の騒動を振り返る。本当に知らなかったんですか?

 「しっかり調査し、信頼を取り戻すことに専念したい」

 昨年10月の閣僚辞任会見で目にうっすらと涙を浮かべ、こう決意表明していた小渕氏。その後、外部の弁護士らによる第三者委員会が設置された。

 事件では、小渕氏の資金管理団体「未来産業研究会」(未来研)への献金が架空だったり、観劇会などの収入額を少なく申告したりして、4団体の平成21~25年分の政治資金収支報告書で、計3億2千万円分の虚偽記入が判明。虚偽の報告書を提出したとして、東京地検特捜部は今年4月、ともに小渕氏の元秘書で、元群馬県中之条町長の男性と、未来研元会計責任者の男性の2人を政治資金規正法違反(虚偽記載・不記載)の罪で在宅起訴、東京地裁から有罪判決を受けた。

 一方で、小渕氏本人について東京地検は不起訴処分と決定していた。本人の関与については、当初から否定的な見方が強かった。

このニュースの写真

  • 小渕優子さん、これで事件は幕引きですか? 「姫」と「城代家老」が地元・群馬でやっていたこと…
  • 小渕優子さん、これで事件は幕引きですか? 「姫」と「城代家老」が地元・群馬でやっていたこと…

「ニュース」のランキング