産経ニュース

「降格人事に不満」シンドラー元社員を監禁容疑などで再逮捕 警視庁

ニュース 事件

記事詳細

更新


「降格人事に不満」シンドラー元社員を監禁容疑などで再逮捕 警視庁

 シンドラーエレベータ(東京都江東区)の元社員の男が保守点検を担当していたエレベーターを故意に停止させて同社の業務を妨害していた事件で、警視庁などは22日、監禁と威力業務妨害の疑いで、韓国籍の李雄大容疑者(36)=別の威力業務妨害容疑で逮捕=を再逮捕した。

 捜査1課によると、「降格人事に不満があり、会社を困らせようと思った」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は、7月9日午後8時20分ごろ、千葉県浦安市のマンションで、エレベーターの制御盤を操作して緊急停止させ、中にいた30代の住人女性を約40分間にわたって監禁。同社に原因調査に当たらせるなどしたとしている。

 制御盤にはエレベーターの扉の開け閉めの状況が表示されることなどから、捜査1課は李容疑者が女性が乗っているのを把握したうえで閉じ込めたと判断。監禁容疑を適用した。

 同様の被害は都内や千葉県のマンションで約10件あり、李容疑者はすべて関与を認めているといい、捜査1課が裏付けを進める。

「ニュース」のランキング