産経ニュース

【マイナンバー汚職】別業者からも現金か 室長補佐「自分から要求」 警視庁、厚労省を捜索

ニュース 事件

記事詳細

更新

【マイナンバー汚職】
別業者からも現金か 室長補佐「自分から要求」 警視庁、厚労省を捜索

厚労省情報政策担参事官室の中安一幸室長補佐=13日午前、さいたま市大宮区(早坂洋祐撮影)

 マイナンバー制度導入をめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された厚生労働省情報政策担当参事官室室長補佐、中安一幸容疑者(45)が、贈賄側のIT関連会社(東京都千代田区)とは別の業者からも現金を受け取っていた疑いがあることが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁捜査2課は同日、東京・霞が関の厚労省を捜索した。中安容疑者はIT関連会社から逮捕容疑となった100万円以外にも数百万円を受領していたほか、タクシー券百数十万円分や飲食の接待を複数回受けていたことも判明。捜査2課は押収資料を分析し、癒着の解明を目指す。

 捜査関係者によると、中安容疑者は贈賄側のIT関連会社とは別に、同省発注の事業に絡んだ業者からも現金を受け取っていたとみられ現金は生活費やローンの返済などに充てていた。

 中安容疑者は平成19年4月以降、一貫してIT関連の業務を担当。シンポジウムに頻繁に出席するなどして、医療関係やIT関係の業者と繰り返し接触していた。調べに対し、「自分から現金を要求した」と供述しており、捜査2課は自ら複数の業者に現金を要求していたとみている。

「ニュース」のランキング