産経ニュース

「凶悪犯罪の前触れでは」…動物虐待やまず募る不安 首都圏、4月以降で20件超

ニュース 事件

記事詳細

更新


「凶悪犯罪の前触れでは」…動物虐待やまず募る不安 首都圏、4月以降で20件超

 虐待の可能性のある猫の死骸などが9月下旬以降、東京都や千葉県で相次いで見つかっている。4月から累計すると、ウサギや鳥も含めて20件以上に上った。多くは刃物で切られ体がバラバラになっていたり頭を強くぶつけられていたりと、目を背けたくなるような無残な姿。「凶悪犯罪の前触れではないか」。地域住民の不安は高まっている。

 ■カモやウサギまで

 動物の不審死に注目が集まったのは4月。東京都練馬区の小学校で、頭や脚を切断された猫が校舎裏の倉庫の前で見つかった。

 その後7月に入り、北区や板橋区で連続して発見。特に板橋区内では同月23日から31日で4件、計9匹分が見つかった。全て子猫だが、体をバラバラに切断されたもの、鋭利なもので首を刺されたもの、頭蓋骨が骨折しているものなど虐待の方法はさまざまだ。

 通報は9月下旬から今月にかけ、再び目立つようになった。豊島区では両前脚を切られたうえ頭を骨折した死骸のほか、顎を切られ粘着テープで体を巻かれた生きた猫も見つかった。

「ニュース」のランキング