産経ニュース

【JR連続不審火】自称ミュージシャンをケーブル放火容疑で再逮捕 「山手線廃線にするためにやった…」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【JR連続不審火】
自称ミュージシャンをケーブル放火容疑で再逮捕 「山手線廃線にするためにやった…」

警視庁原宿署に入る、JR施設に放火した事件で逮捕された野田伊佐也容疑者=9月16日午前、東京都渋谷区(鴨川一也撮影)

 東京都内のJR施設で相次いだ不審火で、警視庁捜査1課は6日、渋谷区の山手線のケーブルに火をつけてJRの業務を妨害したとして、器物損壊と威力業務妨害の疑いで、武蔵野市吉祥寺東町、自称ミュージシャンで無職の野田伊佐也(いざや)容疑者(42)=別の威力業務妨害容疑で逮捕=を再逮捕した。

 捜査1課によると、容疑を認め、「過密ダイヤで電力を消費する山手線を廃線にするためだった。4月以降、(同様の放火を)10件以上やった」などと供述している。

 都内のJR施設などでは、5月と7月に1件ずつ、8~9月に8件の計10件の不審火が発生、発覚。捜査1課は野田容疑者が一連の不審火にすべて関与したとみて、裏付けを進める。

 再逮捕容疑は、8月27日午後1時ごろ、渋谷区恵比寿の山手線恵比寿駅近くのケーブルに火をつけて焼損させ、JR東日本の業務を妨害したとしている。この火災では山手線などが運転を見合わせ、約5万1000人に影響が出た。

 捜査1課によると、野田容疑者はケーブルカバーに穴をあけ、中にアルコールを流し込んでいたとみられる。付近の防犯カメラに似た人物が写っていたことなどから関与が浮上した。

「ニュース」のランキング