産経ニュース

シンドラー社エレベーター死亡事故 点検責任者に無罪判決 保守会社3被告は有罪  東京地裁

ニュース 事件

記事詳細

更新


シンドラー社エレベーター死亡事故 点検責任者に無罪判決 保守会社3被告は有罪  東京地裁

判決前に市川大輔さんの遺影を手に東京地裁に入る市川正子さん=29日午前、東京都千代田区の東京地裁前(大西史朗撮影)

 検察側は、原田被告らが事故機を点検した16年11月時点で、停止したエレベーターを固定するブレーキ部品に異常が起きていたのに、適切な対策を怠ったと指摘。一方、4人は点検時点で異常は起きておらず、事故を予測できなかったと無罪主張していた。

 18年6月3日に港区のマンションで発生。市川さんが自宅のある12階で降りようとしたところ、エレベーターのドアが開いたまま上昇し、かごの床と外枠に挟まれ死亡した。事故はブレーキ部品が摩耗し、ブレーキが利かなくなり起きた。

「ニュース」のランキング