産経ニュース

シンドラー社エレベーター死亡事故 点検責任者に無罪判決 保守会社3被告は有罪  東京地裁

ニュース 事件

記事詳細

更新


シンドラー社エレベーター死亡事故 点検責任者に無罪判決 保守会社3被告は有罪  東京地裁

判決前に市川大輔さんの遺影を手に東京地裁に入る市川正子さん=29日午前、東京都千代田区の東京地裁前(大西史朗撮影)

 東京都港区のマンションで平成18年6月、都立高2年の市川大輔(ひろすけ)さん=当時(16)=がエレベーターに挟まれ死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われたシンドラーエレベータの点検責任者、原田隆一被告(46)ら4人の判決公判が29日、東京地裁(杉山慎治裁判長)で開かれ、原田被告に無罪判決が言い渡された。求刑は禁錮1年6月だった。検察側が鑑定をやり直すなど公判前整理手続きが長期化し、事故から1審判決までに9年以上かかった。

 他に事故時の保守点検会社「エス・イー・シーエレベーター」の会長、鈴木孝夫被告(72)は禁錮1年6月、執行猶予3年(同禁錮1年6月)▽社長、西村裕志被告(56)は禁錮1年6月、同(同禁錮1年4月)▽元メンテナンス部長、根本邦男被告(69)は禁錮1年2月、同(同禁錮1年2月)の有罪判決。

 主な争点は、事故原因とされるブレーキ部品の異常な摩耗がいつ始まったかや、4人が事故を予見できたかどうかだった。

「ニュース」のランキング