産経ニュース

【東日本豪雨】常総市立図書館、被害の3万点処分 「本に申し訳ない…」 郷土史料は復元検討

ニュース 事件

記事詳細

更新

【東日本豪雨】
常総市立図書館、被害の3万点処分 「本に申し訳ない…」 郷土史料は復元検討

図書館の蔵書データベースから除籍され、処分されるのを待つ書籍の山=18日午後、常総市水海道天満町(上村茉由撮影)

 電気が復旧した15日以降、職員と業者で、被害を受けて処分する本のデータの除籍作業を行った。被害に遭った本を早く処分しなければ、泥に混じった細菌が繁殖し、被害のなかった本にまでカビなどの二次被害が及びかねない。

 1点1点確実に、しかし迅速に除籍し、作業は終了。19日には約3万点全てを処分した。現在はボランティアと職員で館内の清掃作業を行っている。

 同館は規模こそ小さいが、絵本やCDの品ぞろえの良さが評判で、子供たちも多く利用していた。

 「被災した皆さんに癒やしの場として図書館を提供したかったんですが、年内の復旧は難しそうです。一部分だけでも早く開館できるよう模索します」

 高山館長はそう言って、再び復旧作業に入った。

このニュースの写真

  • 常総市立図書館、被害の3万点処分 「本に申し訳ない…」 郷土史料は復元検討

「ニュース」のランキング