産経ニュース

【熊谷6人殺害事件】何人殺されているか分からない…捜査本部、周辺の安否確認続ける

ニュース 事件

記事詳細

更新

【熊谷6人殺害事件】
何人殺されているか分からない…捜査本部、周辺の安否確認続ける

 田崎さん夫婦と加藤美和子さん(41)は刃物で上半身を何度も刺され、田崎さん方の壁には血で書かれたアルファベットのような文字が残されていた。加藤さんの長女、美咲さん(10)と次女、春花さん(7)には1カ所の傷口を何度も刺した可能性があり、白石和代さん(84)方には殺害後、長時間潜伏していた疑いもある。

 ナカダ容疑者は加藤さん方から転落した際に頭の骨を折り、頭の中に入った空気が脳を圧迫。現在は治療のため麻酔で強制的に眠らせているという。

 事件前には「背広を着た人間に追われている」と人材派遣会社の担当者に電話。実兄がペルーで連続殺人事件を起こしショックを受けていたとも伝えられるが、犯行とのつながりは明らかになっていない。

 「何人殺されているのか分からない」。4人の遺体が見つかった16日夕、県警本部と熊谷署は異様な緊張感で満たされた。捜査本部は現在も270人体制で周辺の安否確認を継続中で、20日までに空き家を含む1万5286件で無事を確認、まだ2025件が未確認となっている。

「ニュース」のランキング