産経ニュース

【熊谷6人殺害事件】6人連続殺害の疑い強まる 現場の足跡一致、全容解明へ

ニュース 事件

記事詳細

更新

【熊谷6人殺害事件】
6人連続殺害の疑い強まる 現場の足跡一致、全容解明へ

埼玉県熊谷市の住宅で住民4人が殺害された事件から一夜明けた熊谷警察署には、多くの報道陣が集まっている=17日午前、埼玉県熊谷市の熊谷警察署(宮崎瑞穂撮影)

 埼玉県熊谷市の3住宅で計6人が殺害された事件で、現場で見つかった足跡がいずれも酷似していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。被害者の住宅2階から転落するなどして重体となったペルー人の男(30)=別の住居侵入容疑で逮捕状=が履いていた靴底とほぼ一致するといい、県警熊谷署捜査本部は男による連続殺人事件とみて全容解明を急ぐ。

 男は住居・職業不詳、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者。捜査本部は16日に殺害された4人が白石和代さん(84)▽加藤美和子さん(41)▽美和子さんの長女で小学5年、美咲さん(10)▽次女で同2年、春花さん(7)-と確認した。

 捜査本部によると、16日午後4時25分ごろに通報を受けた熊谷署員が、白石さん方の浴室で白石さんの遺体を発見。約1時間後、近所の加藤さん方でナカダ容疑者を発見して確保した際、室内で加藤さんら母子3人が遺体で見つかった。

 白石さん方では16日午後2時半ごろ、近くの住民が無施錠になっていることを確認しており、同日午前に殺害された疑いがある。加藤さんの娘2人の遺体は死後4時間程度とみられ、捜査本部はナカダ容疑者が同日昼過ぎに3人を殺害後、屋内に潜伏したとみている。

 警察庁の金高雅仁長官は17日、事件発生前の13日にナカダ容疑者を熊谷署に同行し、任意で事情聴取しながら立ち去られたことについて、検証の必要があるとの考えを示した。

このニュースの写真

  • 6人連続殺害の疑い強まる 現場の足跡一致、全容解明へ
  • 6人連続殺害の疑い強まる 現場の足跡一致、全容解明へ
  • 6人連続殺害の疑い強まる 現場の足跡一致、全容解明へ

「ニュース」のランキング