産経ニュース

ペルー人の男、13日に署へ同行後行方不明に

ニュース 事件

記事詳細

更新


ペルー人の男、13日に署へ同行後行方不明に

多くの捜査員らが出入りする埼玉県警熊谷署=16日午後11時29分

 捜査に落ち度はなかったのか。埼玉県熊谷市で16日、連続して84歳の女性と母子3人とみられる4人が死亡した事件。県警は13日に、住居侵入容疑で逮捕状を取ったペルー人(30)とみられる男を熊谷署に同行していたが、所在不明になり、その後立て続けに事件が起きていた。

 13日の同行の経緯はこうだ。消防から連絡を受けた熊谷署員は通訳を手配するため署に男を同行。男が「たばこを吸いたい」と言ったため、玄関脇で吸わせていた。付き添いの警察官は1人だった。

 すると、男は国道を強引に横断し、走り去った。午後3時半ごろだった。警察官は追わなかったが、県警の阿波拓洋(たくよう)刑事部長は16日夜の記者会見でその理由について「(この時点で)容疑者でも保護対象者でもなかった」と述べた。

 午後5時5分ごろには、ペルー人の男が熊谷市石原の民家に侵入した。県警はペルー人の男と同行した男を同一とみている。

 熊谷市見晴町の田崎稔さん(55)と妻の美佐枝さん(53)が自宅で殺害されたのは14日午後の可能性が高いという。県警は足跡などからペルー人の男が関与した疑いがあるとみている。

「ニュース」のランキング