産経ニュース

【東北大雨】宮城・大崎市で堤防決壊、住民30人を救助 濁流が住宅飲み込む

ニュース 事件

記事詳細

更新

【東北大雨】
宮城・大崎市で堤防決壊、住民30人を救助 濁流が住宅飲み込む

 宮城県に入った情報によると、台風18号から変わった低気圧の影響で、同県大崎市で11日午前、市内を流れる渋井川の堤防が決壊し、住宅に濁流が流れ込んだ。決壊したのは西荒井地区付近とみられ、付近の住宅街は1メートルほど浸水した。

 県は自衛隊に災害救助を要請。地元消防によると、午前9時50分現在、30人を救助した。これまでにけが人の情報はないという。

 気象庁は11日未明に宮城県に大雨特別警報を発表。同庁は川の氾濫や土砂災害、浸水に最大級の警戒を呼びかけていた。

「ニュース」のランキング