産経ニュース

【司法試験問題漏洩】法務省、明大教授を告発 守秘義務違反疑罪、東京地検特捜部が捜査 法務省「合格者への影響ない」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【司法試験問題漏洩】
法務省、明大教授を告発 守秘義務違反疑罪、東京地検特捜部が捜査 法務省「合格者への影響ない」

 青柳幸一教授(明治大のパンフレットから)

 今年の司法試験で明治大学法科大学院の男性教授が自身の作成した試験問題を教え子の女性受験者に漏洩(ろうえい)した問題で、法務省は8日、問題を漏洩した青柳幸一教授(67)=憲法学=を国家公務員法(守秘義務)違反罪で東京地検に刑事告発した。東京地検特捜部は捜査を開始。司法試験をめぐる問題漏洩で刑事責任が追及されるのは初めて。

 法務省によると、青柳教授は平成18年から司法試験で憲法の試験問題の作成と採点を担当する考査委員を務めていた。考査委員は法曹三者や大学教授からなり、民間人の場合は非常勤の国家公務員となる。

 法務省などによると、青柳教授は今年5月の司法試験より前に、教え子の20代の女性に自身の作成した憲法分野の論文問題の内容などを伝えた。採点の際、この女性の答案で憲法分野の点数が著しく高かったため、法務省が調査を実施。調査に対し、青柳教授、女性とも漏洩を認めた。

 法務省は8日、青柳教授を考査委員から解任。漏洩が合格者の判定に与えた影響については「情報流出先はこの女性1人で、女性を採点対象から外したため影響はなかった」とした。この女性から他の受験者に漏洩された情報が伝わった形跡は現時点で見つかっていないという。また、女性に対し、司法試験と司法試験予備試験の受験を5年間禁止する行政処分を行った。

このニュースの写真

  • 法務省、明大教授を告発 守秘義務違反疑罪、東京地検特捜部が捜査 法務省「合格者への影響ない」
  • 法務省、明大教授を告発 守秘義務違反疑罪、東京地検特捜部が捜査 法務省「合格者への影響ない」

「ニュース」のランキング