産経ニュース

【衝撃事件の核心】舞台女優目指した25歳劇団員の見果てぬ夢… 「流し」の線が強まった東京・中野の殺人事件の捜査の行方は?

ニュース 事件

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
舞台女優目指した25歳劇団員の見果てぬ夢… 「流し」の線が強まった東京・中野の殺人事件の捜査の行方は?

殺害された加賀谷理沙さん(所属劇団のホームページから) 殺害された加賀谷理沙さん(所属劇団のホームページから)

 加賀谷さんは24日午後11時ごろにアルバイトを終え、翌25日午前0時半ごろ、自宅マンション近くを歩く姿が防犯カメラに映っていた。帰宅途中とみられ、スマートフォンを操作しながら歩いている様子だった。

 加賀谷さんは同日午前0時ごろから複数の知人らとラインでやりとりを開始。同0時41分に投稿されたメッセージを読んだ形跡があったが、以降は未読になっていた。

 加賀谷さんの部屋の真下に住む男性は、同日未明、部屋から女性のうめき声を聞いたという。男性は「天井から、どすん、どすんという大きな足音のような音がしたので、加賀谷さんの部屋の前まで行って聞き耳を立てていると、『うー』とか『何で』という声が聞こえた」と話す。

 こうした状況から、捜査本部は帰宅直後に何者かに襲われた可能性があるとみている。ただ、これまでのところ、この時間帯にはいずれの交友関係者にもアリバイがあった。

 捜査関係者は「面識がない人物による『流し』の犯行の線が強くなってきた」との見方を示す。

笑顔がすてき

 「劇団員やってます。役者になりたいんです」

 加賀谷さんのアルバイト先の同僚男性は、はにかみながら夢を語る姿を鮮明に覚えている。「少し人見知りだけど、明るくて笑顔がすてきな女性。なぜこんなことになってしまったのか」とうつむく。

 関係者らによると、加賀谷さんは仙台市出身。高校時代は文芸部に所属し、俳句をたしなんでいた。地元の大学を経て、3年ほど前に上京。都内で劇団員として活動を始めた。

このニュースの写真

  • 舞台女優目指した25歳劇団員の見果てぬ夢… 「流し」の線が強まった東京・中野の殺人事件の捜査の行方は?
  • 舞台女優目指した25歳劇団員の見果てぬ夢… 「流し」の線が強まった東京・中野の殺人事件の捜査の行方は?
  • 舞台女優目指した25歳劇団員の見果てぬ夢… 「流し」の線が強まった東京・中野の殺人事件の捜査の行方は?

「ニュース」のランキング