産経ニュース

刃物男に立ち向かい負傷の女性巡査長「制服に袖を通した時から人を守る。迷いない」

ニュース 事件

記事詳細

更新


刃物男に立ち向かい負傷の女性巡査長「制服に袖を通した時から人を守る。迷いない」

警視庁大井署に勤務する女性巡査長 =大井署(三宅令撮影)

 「助けて!」。甲高い悲鳴が聞こえたとき、心を決めた。東京都品川区で5月、男が交際相手の女性や女性の父母を殺傷した事件。包丁を振りかざす男に立ち向かったのは、警察学校を卒業してから2年にも満たない女性警察官(24)だった。「私が助ける」。その一心が体を男に向かわせた。素手で刃物を受け、手に深い傷を負っても、身をていして被害拡大を食い止めた。だが、去来するのは「取り押さえられなかったのが情けない」という悔しさだった。(三宅令)

 「隣の部屋が! 早く来て!」。5月23日午前7時40分ごろ、警視庁大井署の南大井町交番に勤務する女性巡査長は、宿直明けで、迷子になった高齢者を家に送り届けて交番に戻る途中、通行人の男性から呼び止められた。同僚の応援を呼ぶ時間はない。男性と2人で現場のマンションに向かった。

 2階一室の無施錠の玄関ドアから中の様子をうかがうと大柄な男の影が見え、何かがきらりと光った。「刃物だ」と直感した。

このニュースの写真

  • 刃物男に立ち向かい負傷の女性巡査長「制服に袖を通した時から人を守る。迷いない」

「ニュース」のランキング