産経ニュース

【山口組分裂】東映「仁義なき戦い」シリーズなどを手がけた大物プロデューサーが激白 「ドンパチがないと映画にはならん!」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【山口組分裂】
東映「仁義なき戦い」シリーズなどを手がけた大物プロデューサーが激白 「ドンパチがないと映画にはならん!」

東映の元プロデューサー、日下部五朗氏が手がけた「新 仁義なき戦い」のポスター撮影風景。右は菅原文太=1974年11月、東京・銀座の旧東急ホテル(一部画像加工しています) 東映の元プロデューサー、日下部五朗氏が手がけた「新 仁義なき戦い」のポスター撮影風景。右は菅原文太=1974年11月、東京・銀座の旧東急ホテル(一部画像加工しています)

「映画にするっていうのはね、ドンパチがないと映画にならん。アクションにならんから。アクションにならんと、僕の撮ってきた映画は成立しませんからね。最近はドンパチやるような人はいないですよね。警察が強いから、すぐにつかまっちゃうし。それから内部的な地位争いなんかが分からないとなかなか映画にはできませんね。今は新聞報道とかしか分からんから」

 「山口組三代目」のころは「かなり取材をしました」という。「3代目の田岡一雄という大親分が存命中でしたから、僕なんか直接面談して話を聞きました。あの人が命令すると九州の組もどこの組も結構協力してくれたからね。ま、“昔は”ですよ。(今は)そんなカリスマもいないわけだし。だから新聞報道を見るしかないなあ」

 当時はこれが山口組と癒着しているのでは、との疑惑を生んだ。「三代目襲名」のときのこと。「岡田(茂・元東映社長)さんなんかは兵庫県警に引っ張られてお金が向こう(山口組)に行ってないかいうてやられた。岡田さんは田岡3代目と親しかったからな。当時から金のこと(事実)はなかったけれどね」

このニュースの写真

  • 東映「仁義なき戦い」シリーズなどを手がけた大物プロデューサーが激白 「ドンパチがないと映画にはならん!」
  • 東映「仁義なき戦い」シリーズなどを手がけた大物プロデューサーが激白 「ドンパチがないと映画にはならん!」

「ニュース」のランキング