産経ニュース

「痴漢路線」にブレーキ シール、特殊インク…埼玉県警が対策

ニュース 事件

記事詳細

更新


「痴漢路線」にブレーキ シール、特殊インク…埼玉県警が対策

埼玉県警が無料で配布している「チカン抑止シール」。二重構造になっているシールの上部(右)をはがすと、×印のインクが現れる

 県警では、特殊インクを使った対策も検討。透明な特殊インクが入った小さな袋を指に装着し、被害に遭った際に犯人の手に付着させ、後から専用の光を当ててインクを浮かび上がらせる。被害相談を受けて、捜査員が女性に同行して捜査する際に活用できるとみている。

 こうした取り組みに、ネット上では「悪用されたら怖い」「冤罪が増えるのでは」と指摘する声もある。県警鉄道警察隊は「シールの印はあくまでも補強証拠。捜査は従来通り被害者や目撃者の証言、防犯カメラの映像などを精査して行う」としている。

 被害女性は恐怖や羞恥心で泣き寝入りすることが多いが、相談に基づく犯人摘発で近隣区間の痴漢被害が減ったケースもある。同隊は「まずは悩まず相談してほしい。周囲の人も積極的に協力を」と呼びかけている。(菅野真沙美)

「ニュース」のランキング