産経ニュース

“極悪”ハッカーは米名門大生 闇サイトで遠隔操作アプリ販売、日本をはじめ世界で相次ぐ被害

ニュース 事件

記事詳細

更新


“極悪”ハッカーは米名門大生 闇サイトで遠隔操作アプリ販売、日本をはじめ世界で相次ぐ被害

逮捕された名門大学生がスパイアプリの売買に利用していた会員制サイト「ダーコード」の画面を表示しながら摘発の発表をするFBIのサイバー対策担当者=7月14日、米ピッツバーグ(AP)

 スパイアプリを使って、米グーグルの基本ソフト(OS)、アンドロイドを搭載した他人のスマートフォン(高機能携帯電話)を乗っ取り、遠隔操作する-。被害は日本をはじめ世界で相次いでいるが、その代表的なスパイアプリの開発者がノーベル賞受賞者を19人も輩出した名門、米カーネギーメロン大の20歳の学生だった。学生は25日、地元に近いピッツバーグの連邦地裁で開かれた公聴会に出廷し、自らの罪を認めたが、世界中のサイバー犯罪者が集う悪名高い会員制の闇サイトのメンバーでもあったことから、全米に衝撃が走っている。(SANKEI EXPRESS)

厳格なインテリ一家育ち

 25日付のAP通信やピッツバーグ(ペンシルベニア州)の地元紙ピッツバーグ・トリビューン-レビュー(電子版)、同じく地元テレビ局WTAE(電子版)などによると、学生は、メロン大があるピッツバーグから少し東の小さな街、チャーチルに住むモルガン・カルバートソン容疑者。

「ニュース」のランキング