産経ニュース

作家の冲方丁氏、妻へのDV容疑で逮捕 「口論になったが、殴っていない」と否認

ニュース 事件

記事詳細

更新


作家の冲方丁氏、妻へのDV容疑で逮捕 「口論になったが、殴っていない」と否認

冲方丁容疑者(宮川浩和撮影)

 別居中の妻を殴るなどドメスティックバイオレンス(DV)をしたとして、警視庁渋谷署が傷害容疑で、作家の冲方丁(うぶかた・とう、本名・藤野峰男)容疑者(38)=東京都港区南青山=を逮捕していたことが24日、同署への取材でわかった。「口論にはなったが、殴っていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は21日午後7時ごろ、事務所兼自宅のマンション1階敷地内で、訪ねてきた30代の妻と口論になり、顔を殴って前歯を折るなどのけがをさせたとしている。22日に妻が警視庁に相談した。

 冲方容疑者は平成22年、日本初の暦づくりに挑んだ天文学者を描いた「天地明察」で、吉川英治文学新人賞と本屋大賞をダブル受賞。24年には「光圀伝」が山田風太郎賞に選ばれた。

このニュースの写真

  • 作家の冲方丁氏、妻へのDV容疑で逮捕 「口論になったが、殴っていない」と否認

「ニュース」のランキング