産経ニュース

超軽量機墜落事故、死亡男性2人の身元判明 機体前部から墜落か

ニュース 事件

記事詳細

更新


超軽量機墜落事故、死亡男性2人の身元判明 機体前部から墜落か

 茨城県つくば市のゴルフ場で超軽量飛行機(ウルトラライトプレーン)が墜落し、搭乗していた男性2人が死亡した事故で、つくば北署は16日、2人は同県筑西市東石田の自営業、石島定夫さん(59)と、石島さんのいとこで東京都東村山市本町の会社員、和田敏夫さん(57)だったことを明らかにした。石島さんが操縦していたとみられる。

 同署などによると、同機は15日午後3時半ごろ、筑西市鷺島の「明野場外離着陸場」を離陸。30分ほどで戻る予定だったが、戻ってこないため、午後7時10分ごろ、同離着陸場を管理する「明野スカイスポーツクラブ」の男性が、筑西署に通報した。

 同機は、「つくばねカントリークラブ」4番ホールのグリーン脇で発見された。機体前部から墜落したとみられ、特に前部が破損。現場には細かい破片が散乱していた。4番ホールは15日午後1時45分ごろに最終組が通過。翌朝、ゴルフ場のグリーンキーパーの男性従業員が見回りに来るまで無人だった。

 国土交通省の運輸安全委員会は16日、事故調査官2人をつくば市の現地に派遣した。

「ニュース」のランキング