産経ニュース

波紋呼ぶネットの書き込み、後絶たず・・・「なんでもない日」炎上

ニュース 事件

記事詳細

更新


波紋呼ぶネットの書き込み、後絶たず・・・「なんでもない日」炎上

 ツイッターでの書き込みが波紋を呼ぶ事態は後を絶たない。朝日新聞の記者は6月、新幹線車内で泣く女性客に不満を漏らす内容の複数の書き込みをした。「不快だ」などとする批判が相次ぎ、記者は謝罪した上で削除したという。

 7月には、自民党の武藤貴也衆院議員が安全保障関連法案反対のデモ活動を行う学生団体「SEALDs(シールズ)」について「彼ら彼女らの主張は『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考えに基づく」と投稿。波紋を呼んだ。

 また、ナチス支援者が安倍晋三政権の支持者であるとする内容の朝日新聞特別編集委員の書き込みにも批判が集中。朝日新聞は謝罪記事を掲載し、同委員を社名などを名乗ってツイッターを利用できる「公認記者」から外すなどした。

 コンビニエンスストアのアイス用冷凍ケースに入り込んだり、飲食店で共用ソースに口をつけたりするなど、公開写真が問題となるケースも相次いでいる。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は「ネットでの発言は、自宅の部屋の窓から外に向かって大声で意見を言うことに近い。投稿する前に、大声で言うことなのか、反論されても説明できるのかをきちんと考えるべきだ」としている。

「ニュース」のランキング