産経ニュース

東京・足立で住人女性の変死体、自殺装い殺害か 同居の妹ら男女3人を殺人容疑で逮捕 警視庁

ニュース 事件

記事詳細

更新


東京・足立で住人女性の変死体、自殺装い殺害か 同居の妹ら男女3人を殺人容疑で逮捕 警視庁

 東京都足立区の民家で5月、住人で無職、江川弘子さん(45)が首から血を流した状態で死亡しているのが見つかり、警視庁捜査1課は31日、殺人容疑で、江川さんの妹ら男女3人を逮捕。同日、西新井署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、いずれも容疑を否認している。3人は当時民家におり、「姉が自分で首を刺した」などと説明。捜査本部は弘子さんが自殺したように装ったとみて、詳しい動機などを調べる。

 捜査本部によると、逮捕されたのは、いずれも弘子さんの妹で、同居する不動産管理会社経営、江川悦子(43)、無職、小杉山真由美(37)=千葉県袖ケ浦市奈良輪=の両容疑者と、悦子容疑者の内縁の夫で会社員、深沢薫容疑者(44)=埼玉県戸田市本町。

 逮捕容疑は5月3日夜、足立区江北の弘子さん方で、弘子さんの首を果物ナイフで刺したうえ、ベルトで首を絞め窒息などで死亡させたとしている。

 同月4日午前0時半ごろ、深沢容疑者が「人が死んでいる」などと110番通報。玄関で弘子さんが見つかり、その場で死亡が確認された。近くには、血の付いたナイフがあったほか、「死にたい」などと書かれたメモがあった。

 当時、悦子容疑者らは「姉が玄関で首を刺した。自殺したと思う」などと説明。だが司法解剖の結果、主な死因が首を絞められたことによる窒息死と判明したことなどから、捜査1課が殺人事件とみて調べていた。

 悦子容疑者は「姉は亡くなりましたけど、殺意はありませんでした」と供述。弘子さんには通院歴があったといい、捜査1課が詳しい経緯などを調べる。

「ニュース」のランキング