産経ニュース

「聖地巡り」を無登録で… ひかりの輪副代表、旅行業法違反容疑で書類送検

ニュース 事件

記事詳細

更新


「聖地巡り」を無登録で… ひかりの輪副代表、旅行業法違反容疑で書類送検

 「聖地巡り」の名目で無登録で旅行業を営んだとして、警視庁公安部は29日、旅行業法違反の疑いでオウム真理教から分派した「ひかりの輪」副代表の女(49)=東京都世田谷区=を書類送検した。公安部によると女は「違法性の認識はなかった」と供述している。

 送検容疑は、同法に基づく登録をせずに長野県内で旅行を計画し、平成26年4月ごろからホームページで参加を募集。宿泊先を予約して同年5月31日、参加者から代金や報酬など数万円を受け取ったとしている。

 公安部によると、旅行は1泊2日で、参加者約40人が「パワースポット」とされる寺社などを訪問。ひかりの輪は19年9月から60回以上、国内各地で同様のツアーを開催していた。

 公安部は昨年8月、同容疑で関係先を家宅捜索。書類送検を受け、ひかりの輪は「同法に違反していないと確信している」などとコメントした。ひかりの輪は、オウム真理教元幹部の上祐史浩氏が設立し、代表を務めている。

「ニュース」のランキング