産経ニュース

【調布小型機墜落】舛添知事「遊覧飛行なら問題」 届け出様式、見直しへ

ニュース 事件

記事詳細

更新

【調布小型機墜落】
舛添知事「遊覧飛行なら問題」 届け出様式、見直しへ

住宅街に墜落した小型プロペラ機=27日、東京都調布市

 調布飛行場を管理する東京都の舛添要一知事は27日、「(届け出に反し)実際は遊覧飛行だったとすれば問題で、届け出様式などを改善しなくてはいけない」と述べた。

 同飛行場では騒音など住民への影響に配慮し、遊覧飛行や体験飛行を原則禁止。これをチェックするため、飛行場に事前提出する「空港使用届出書」に、フライト目的や搭乗者名を記載することを求めている。

 だが、虚偽の申告があったとしても「それを確かめる手段がなく、良心に頼むしかない」(都港湾局)。また、都営空港条例では届け出の規定に違反した場合、5万円以下の過料を科す罰則もあるが、「これまで適用例がなく、虚偽の届け出に適用できるかも不明」(同)という。

 舛添知事は「大変残念な事故。国と事故原因を究明し、今後の安全対策を考えたい」と述べた。

このニュースの写真

  • 舛添知事「遊覧飛行なら問題」 届け出様式、見直しへ

「ニュース」のランキング