産経ニュース

【東京・調布小型機墜落】激しい炎「娘が中に」…轟音と悲鳴交錯 「男性はい出してきた」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【東京・調布小型機墜落】
激しい炎「娘が中に」…轟音と悲鳴交錯 「男性はい出してきた」

住宅街に小型機が墜落し、住宅が激しく燃え上がった=26日、東京都調布市(読者提供)

 住民の男性は、炎上した民家のベランダで、犬を腕に抱き、立ち尽くす女性を目撃した。家の前では別の女性が家族の名前を呼び、「娘が中にいるの!」と泣き叫んでいたという。

 「落ちた」「やばい」。小型機が離陸した調布飛行場に隣接したサッカー場では、練習試合をしていた男子中学生らが声をあげた。飛行場から飛び立つ小型機はいつもサッカー場のネットにすれすれの場所を上昇していくが、この日は違った。サッカー場にいた男子生徒(14)は「普段見る飛行機よりスピードが遅くて、左右にフラフラ揺れながら飛んでいた。『グオングオン』という変な音もした」と振り返る。墜落直後には住宅街から黒煙があがるのが見え、ガソリンのような臭いとともに、上空から灰が舞い散り、せき込むほどだったという。

 墜落現場近くの自営業、野沢昌司さん(77)は白いプロペラ機が、異様に低い高度で飛行しているのを見た。「いつもはもっと離れたところを飛んでいるのになんだか危ない」と妙な胸騒ぎを覚えたが「まさか墜落するとは…」。

 現場周辺では、住民らに不安が広がった。近隣の男性は「いつ飛行場が再開するか分からないが、恐ろしい。何があったのか、早く墜落の原因を解明してほしい」と訴えた。

このニュースの写真

  • 激しい炎「娘が中に」…轟音と悲鳴交錯 「男性はい出してきた」
  • 激しい炎「娘が中に」…轟音と悲鳴交錯 「男性はい出してきた」
  • 激しい炎「娘が中に」…轟音と悲鳴交錯 「男性はい出してきた」

「ニュース」のランキング