産経ニュース

【東京・調布小型機墜落】事故機異音発しながら上昇 エンジントラブル? 整備ミスの可能性も 専門家指摘

ニュース 事件

記事詳細

更新

【東京・調布小型機墜落】
事故機異音発しながら上昇 エンジントラブル? 整備ミスの可能性も 専門家指摘

住宅に墜落し、大破した軽飛行機=26日午後0時20分ごろ、東京都調布市

 佐久間氏によると、操縦系統の整備では動作が逆かどうか確認しないことも多いといい、「今回も整備ミスの可能性がある」。目撃者の映像の分析からも、小型機の速度は十分出ていたとみられ、「操縦系統に異常があれば、相当のベテランでも操縦は難しい。失速せずに突っ込んだのではないか」とみる。

 航空評論家の青木謙(よし)知(とも)氏は「現場は晴れて風も弱かったことから天候の影響は考えにくい」として、小型機の故障か操縦ミスの2つに事故の原因は絞られると主張する。

 ただ、エンジン出力の設定を間違えたり、機体を上げすぎたりするだけで事故は起きるため、分析には「まだ材料が足りない」とする。「小型機にはフライトレコーダーがない場合が多いが、機体の損傷などで相当の原因は十分分析できる」として、残骸の分析が原因究明の鍵を握るとした。

このニュースの写真

  • 事故機異音発しながら上昇 エンジントラブル? 整備ミスの可能性も 専門家指摘
  • 事故機異音発しながら上昇 エンジントラブル? 整備ミスの可能性も 専門家指摘

「ニュース」のランキング