産経ニュース

【衝撃事件の核心】お手軽にサイバー攻撃?! 犯罪ツール売る「闇サイト」の拡大で少年も独学で… 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
お手軽にサイバー攻撃?! 犯罪ツール売る「闇サイト」の拡大で少年も独学で… 

サイバー犯罪者向けの闇サイトの画面。犯罪のレクチャーが1時間100ドルで受けられると書いてある(EMCジャパン提供) サイバー犯罪者向けの闇サイトの画面。犯罪のレクチャーが1時間100ドルで受けられると書いてある(EMCジャパン提供)

 「攻撃指導1万円」「犯罪ツール3千円」「匿名化通信ソフト無料」-。インターネット上で、サイバー攻撃に使える技術が安く提供されている。警視庁が6月末に逮捕したハッカーとして知られる少年も、ネットで簡単に得られる情報やツールを駆使し、不正アクセスなどを実行したとみられている。かつてサイバー攻撃は高度な技術者によるものだったが、ここ数年で攻撃者向けの「闇市場」が急成長。犯罪者の裾野が広がったと指摘されている。

ネットで有名、独学少年ハッカー

 6月30日、警視庁に不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕されたのは、ネット上で「ZeroChiaki(ゼロチアキ)」と名乗る川崎市の無職少年(17)。

 逮捕容疑は昨年12月、不正に入手したIDとパスワードで、東京都の出版社が利用するサーバーコンピューターにログイン。同社のホームページを閲覧すると特定の法律事務所のホームページに転送するよう改(かい)竄(ざん)したとしている。

 この不正アクセスでは、IPアドレスが特定されないよう、他人宅の無線LANにただ乗りしたうえ、匿名化通信ソフト「Tor(トーア)」を利用していた。無線LANはもちろん、Torもネットで無料ダウンロードでき費用はかからない。IDなどを入手するためにフィッシングサイトも使っていたが、これを作るソフトも一般的にネットで簡単に手に入る犯罪ツールのひとつだ。

 ツイッターでサイバー攻撃の結果などを逐一投稿し、一部ではハッカーとして知られていた少年。押収した端末からは、ほかにも多くのサイバー攻撃の形跡があり、日本で初めて身代金要求型ウイルスをばらまいた人物とまでみられているが、「専門的な教育は受けていない」と捜査幹部は話す。「それでもこれだけの攻撃ができたのは、犯罪ツールが簡単に手に入る環境があるからだ」と危機感を示す。

続きを読む

このニュースの写真

  • お手軽にサイバー攻撃?! 犯罪ツール売る「闇サイト」の拡大で少年も独学で… 

「ニュース」のランキング