産経ニュース

腎臓200万円 提供約束の疑い 臓器売買、組幹部ら逮捕 警視庁

ニュース 事件

記事詳細

更新


腎臓200万円 提供約束の疑い 臓器売買、組幹部ら逮捕 警視庁

C暴力団による臓器移植

 腎臓を200万円で提供する約束をした上、虚偽の養子縁組をしたとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は21日、臓器移植法違反と電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、指定暴力団住吉会系組幹部の吉田昭(71)=東京都豊島区=と住居不定、無職、為貝雄一(44)の両容疑者を逮捕した。同隊によると2人とも容疑を認めている。

 2人の逮捕容疑は、吉田容疑者の知人の男(66)に為貝容疑者の腎臓を移植するため、平成25年12月から昨年4月までの間、200万円で腎臓を提供する約束をした上、男と為貝容疑者の嘘の養子縁組届を豊島区役所に提出したとしている。男は人工透析の治療中で、同隊は回復を待って同法違反容疑などで逮捕する方針。

 同隊によると、男は以前、吉田容疑者と同じ組に所属していた。男の腎臓が悪いことを知った吉田容疑者が、路上生活をしていた為貝容疑者に「腎臓は2つあるからひとつ提供してほしい」と持ちかけた。

 日本移植学会の倫理指針では、腎臓の生体移植は原則親族以外では行われないことになっており、同隊は為貝容疑者と男が親族間の移植を偽装しようとしたとみて調べている。

 3人は今年6月、埼玉県新座市役所に為貝容疑者の虚偽の転入届を提出して国民健康保険証をだまし取ったとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用と詐欺の容疑で逮捕されていた。

「ニュース」のランキング