産経ニュース

【大塚かぐや姫VS翁訴訟(上)】久美子社長、父を「原告」と呼び、目もあわさず 「親のためと思ったことを無為にされ情けない」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【大塚かぐや姫VS翁訴訟(上)】
久美子社長、父を「原告」と呼び、目もあわさず 「親のためと思ったことを無為にされ情けない」

大塚家具の大塚久美子社長=東京都江東区(小野淳一撮影)

 大塚家具の経営権をめぐり創業者で前会長の大塚勝久氏(72)と長女で社長の久美子氏(47)の争いに関連し、勝久氏が同社の大株主である資産管理団体「ききょう企画」に対して、15億円の支払いを求めた訴訟の口頭弁論が13日午前、東京地裁で開かれた。久美子氏が出廷し証人尋問が実施された。午後からは勝久氏の尋問も行われる。

 《経営方針をめぐり対立した父娘。今年3月の株主総会で互いの解任を求めて争う事態に発展し、久美子氏の議案が承認され、勝久氏は会長職を外れた。お家騒動を繰り広げた2人が、今度は法廷で何を語るのか注目が集まる》

 《今回の訴訟は、勝久氏が平成20年4月に久美子氏の妹が社長を務めるききょう企画の社債を15億円で引き受けたが、期限の25年4月を過ぎても償還されないとして訴えたもの》

 《勝久氏はこの訴訟とは別に、ききょう企画が25年10月に保有する大塚家具株189万株の名義を久美子氏に変更しており、この変更が無効として返還を求める訴えも起こしている》

 《騒動後、久美子氏は22年ぶりに大塚家具のブランドロゴを一新した。今月から放送された新CMでは、父と娘がショールームでカーテンの色をめぐり母にたしなまれるシーンを描くなど、お家騒動を意識したもので話題となった》

「ニュース」のランキング