産経ニュース

【北朝鮮拉致】もし朝鮮有事が起きたら日本政府は拉致被害者を救出できるのか?

ニュース 事件

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
もし朝鮮有事が起きたら日本政府は拉致被害者を救出できるのか?

予備役ブルーリボンの会のシンポジウムに出席し、拉致問題解決を訴えた横田めぐみさんの父、滋さんと早紀江さん=6月27日、東京都文京区

 もし、北朝鮮でいま、有事が起こったら、日本は拉致被害者を助けられるのか、それとも見捨てるのか…。東京都文京区で6月27日、自衛隊による拉致被害者救出をテーマにしたシンポジウムが開かれた。救出シミュレーションも披露されたシンポジウムでは、有事に備えた準備を進めるべきだという意見が相次いだ。

■邦人輸送で被害者救出は可能か

 シンポジウムは、自衛隊OBや予備自衛官でつくる「予備役ブルーリボンの会」が主催。会の代表で拉致問題について調べている「特定失踪者問題調査会」代表の荒木和博氏は冒頭のあいさつで、「残念ながら、今国会の中ではあれだけ安保法制でたくさんの法案が出て大騒ぎしているにもかかわらず、まったく拉致問題についての言及がなされないのが現状。本当におかしな話だ」と語った。

 続いて予備役ブルーリボンの会の荒谷卓幹事が報告。荒谷氏はまず拉致問題をめぐる自衛隊との現状について、自衛隊の任務が拡大している中で「いずれの任務規定にも拉致被害者の救出に自衛隊をあてるという任務規定はないというような解釈になっている」と述べた。

このニュースの写真

  • もし朝鮮有事が起きたら日本政府は拉致被害者を救出できるのか?

「ニュース」のランキング