産経ニュース

【法廷から】危険ドラッグ常習のシェシェシェ男のブッ飛び人生 15歳から大麻・覚醒剤に手を染め…「孫悟飯になって一旗揚げよう」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【法廷から】
危険ドラッグ常習のシェシェシェ男のブッ飛び人生 15歳から大麻・覚醒剤に手を染め…「孫悟飯になって一旗揚げよう」

 危険ドラッグの常習者は人気漫画「ドラゴンボール」の登場人物になりきっていた-。隣人女性の部屋に侵入しナイフで切りつけたとして、住居侵入と傷害罪に問われた無職、田中勝彦被告(32)の第2回公判が6月26日に東京地裁で開かれた。逮捕後の取り調べで「しぇしぇしぇのしぇ」と奇声を発し、送検時には報道陣のカメラに向けてピースサインを示すなど異様な行動を取った田中被告。この日の法廷ではハイテンションとは真逆な姿を見せたが、危険ドラッグの副作用については冗舌に語った。(太田明広)

 ■踊りながら接見室に登場

 「調書の中で、手錠を外すために『界王拳(かいおうけん)』を使おうとしたとあるが、そうなのか」

 証言台の田中被告に向かって弁護人が尋ねると、「やったと思うが詳しく覚えていない」と返答。さらに「孫悟飯(そんごはん)になろうとしていたのか」との質問に対し、田中被告は黙ってしまった。弁護人は「調書の内容に明確な記憶がないのだね」と述べ、質問を終えた。孫悟飯はドラゴンボールのキャラクターの一人で、界王拳とは戦闘能力を高める技の一種だ。

「ニュース」のランキング