産経ニュース

【東海道新幹線白煙】油かぶった乗客の男と女性が心肺停止状態

ニュース 事件

記事詳細

更新

【東海道新幹線白煙】
油かぶった乗客の男と女性が心肺停止状態

 30日午前11時半ごろ、神奈川県小田原市上町で、新横浜-小田原間を走行中の東海道新幹線下り「のぞみ225号」(東京発新大阪行き、16両編成)の非常ブザーが押され、現場で緊急停止した。JR東海によると、車両内で火災が発生し、1号車は白煙で充満。神奈川県警によると、男が油のようなものをかぶって火を付けたとの目撃情報があり、この男と女性1人がそれぞれ心肺停止状態となっている。女性は煙を吸ったとみられる。小田原市消防本部によると、このほかに10人が負傷しているという。

 JR東海によると、非常ブザーが押され、状況を確認した新幹線の乗務員から「油をかぶった旅客がいる。付近から白い煙が上がっている」と新幹線総合指令所に連絡があった。先頭の1号車と運転台との間にある乗降口付近のデッキに、油をかぶった乗客がいたという。

 国土交通省によると、新幹線の運転士が、先頭車両で油まみれになっている人を発見して消火活動。トイレの近くには別の人が倒れていたという。

 JR東海は、1号車から3号車までの乗客を、4号車より後ろの車両に移動させたという。

 小田原市消防本部は神奈川県伊勢原市の東海大病院に、医師が同乗して診療に当たるドクターカーの出動を要請した。

 首相官邸は30日、東海道新幹線の火災に関し、危機管理センターに情報連絡室を設置した。

「ニュース」のランキング