産経ニュース

福島県警捜査2課警部自殺で「公務災害」認定 パワハラ原因だとする遺族の申請に対し 

ニュース 事件

記事詳細

更新


福島県警捜査2課警部自殺で「公務災害」認定 パワハラ原因だとする遺族の申請に対し 

 昨年4月に自殺した福島県警捜査2課の課長補佐の男性警部=当時(51)=について、地方公務員災害補償基金福島県支部が、自殺は上司のパワハラが原因だとする遺族の申請に対し、公務災害を認定していたことが8日、県警などへの取材で分かった。

 県警の佐藤正人警務課長は「本件については厳重に受け止め、昨年来、相談しやすい仕組み作りやパワハラ対策、メンタルヘルス対策に取り組んでいる。今後も同様に対策を進めたい」とコメントしている。

 警部は平成26年4月28日午前、福島市内の県警庁舎で仕事上の悩みを記した遺書を残し、首をつって自殺した。

 その後の県警の調べで当時、捜査2課長だった男性警視が、この警部らにほぼ毎日にわたり「国語を習ってきたのか」「小学生みたいな文書を作るな」「おまえは係長以下だ」などと罵倒していたことが判明。県警は26年6月にパワハラを認め、課長を戒告の懲戒処分にした。

「ニュース」のランキング