産経ニュース

【小笠原で震度5強】列車遅延でごった返す東京駅「宿泊も考えないと…」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【小笠原で震度5強】
列車遅延でごった返す東京駅「宿泊も考えないと…」

東京駅では在来線が地震の影響で運休した=30日午後、JR東京駅(川口良介撮影)

 小笠原諸島(東京都)で震度5強を観測した地震の影響で、一部の交通機関が一時ストップするなどダイヤが混乱した。東京駅では、列車の運行状況を示す掲示板の前が多くの人々でごった返した。

 長野駅まで新幹線で帰る予定だった長野県須坂市の会社員、三井洋子さん(51)は、午後10時の時点で運転再開のめどがたっていないとの知らせに顔をしかめ、「とりあえずもう少し待とうかと思っています。でもこの状況では宿泊するかも考えないと…」と落ち着かない様子。

 出張を終えて、遅延している東海道新幹線で京都駅まで戻ろうとしていた京都市の男性会社員(46)は、「関西では地震がしばらくなかったので、久々の揺れに驚いた」といい、「きょうはきっと自由席もいっぱい。どれくらい待つことになるのかは分からないけど、予約していた指定席に乗って帰ります」と壁にもたれかかっていた。

このニュースの写真

  • 列車遅延でごった返す東京駅「宿泊も考えないと…」
  • 列車遅延でごった返す東京駅「宿泊も考えないと…」
  • 列車遅延でごった返す東京駅「宿泊も考えないと…」
  • 列車遅延でごった返す東京駅「宿泊も考えないと…」
  • 列車遅延でごった返す東京駅「宿泊も考えないと…」

「ニュース」のランキング