産経ニュース

川崎簡宿火災1週間 「3階建て吹き抜け」川崎特有 縦割り行政、被害拡大も

ニュース 事件

記事詳細

更新


川崎簡宿火災1週間 「3階建て吹き抜け」川崎特有 縦割り行政、被害拡大も

警察と消防による捜索が続く簡易宿泊所「吉田屋」の焼け跡=23日、川崎市川崎区(小野晋史撮影)

 しかし、親類らと疎遠な宿泊客が多いとみられ、遺体からDNAを採取できても照合する相手を捜すことが難しいという。

 吉田屋の宿泊客名簿は火事で消失し、出火当時の正確な宿泊人数も確定できておらず、捜査関係者は「(全員の)身元が判明するには、かなりの時間を要するだろう」と話している。

「ニュース」のランキング