産経ニュース

「いよいよ明日逮捕だ」 連続企業爆破事件・世紀のスクープ 警視庁記者たちが震えた40年目の真実

ニュース 事件

記事詳細

更新


「いよいよ明日逮捕だ」 連続企業爆破事件・世紀のスクープ 警視庁記者たちが震えた40年目の真実

昭和49年8月30日、東京都千代田区丸の内の三菱重工ビル(右)で起きた爆弾テロ事件。昭和50年5月19日の産経新聞朝刊は連続企業爆破犯に逮捕状の特ダネを報じた(コラージュ写真、画像を一部加工しています)

 《爆弾を持つ爆破犯 周囲の住民を危険にさらす 『打つのは逮捕当日しかない』》

 村上 その日は事件の筋(犯人の特定)の話は全くといっていいほどしなかった。逮捕が近づくと、ホシの名前もある程度割れて、実際にはすることがなくなっていた。問題は、いつ捜査本部が身柄を獲るか。記事を書くタイミングは「きょう逮捕」だけだった。爆弾犯で爆弾を持っている可能性があり、逮捕以前に(スクープを)打ってしまうと非常に危険だ。どんな不測の事態が起きるかも分からない。だから、逮捕当日の朝刊で打とうと合意ができていた。夕方ホテルに行って、2、3時間はいたかと思う。午後9時か10時に社会部上がり、後は福井キャップの土田警視総監への夜回りの結果待ちだった。ゲラも上がっていたし、作業的には何も残していなかった。

 《警視総監は『絶対にやめてくれ』 事件記者たちの胸中は『絶対にやる』》

 村上 (記事は)止められても、行ってました。

 鈴木 福井惇キャップはスクープ前夜、計3回、警視総監官舎に通告に行った。警視総監から「絶対にやめてくれ」と止められたが、こんな大きなスクープは、それこそ何十年に1回でしょう。それができるかどうかの時に、やめたら新聞ではなくなる。止めるなんてことは、絶対に誰も考えていなかった。やることだけは、はっきりしていた。福井キャップと土田警視総監の深い人間関係を壊さずに、どういう風にやるかだけだったと思う。

 生原 私は捜査1課担当なので、ホシの割り出しや予定稿の整理といった最後の仕上げの部分は、もはや公安担当の作業に入っていた。「チーム産経」でやったことは事実ですが、すでにやることは終えていた。前夜は日曜日で、警視庁記者クラブに全員がそろうと疑われるので、ホテルに集合した。福井キャップは大仕事(警視総監への通告)があるわけで、我々は会社で待っていた。福井キャップは計3回、土田警視総監に会いに行ったが、最後に会って会社に上がってきたときに、「やるぞ」と明言した。

 鈴木 4、5日前から「いつやるか、いつやるか」とジリジリとした日を過ごした。この少し前にNHKが「東京行動戦線」というのをニュースでやった。これを聞いて飛び上がった。「みんなばれちゃったじゃないか」と危機感を持った。朝のニュースで少しだけだったんですけどね。後で筋とは違っていたことが分かったんだけど、事件の流れの中では大きな話だった。

 生原 東京行動戦線はだいぶ前に消えていた。

 山崎 だいぶ前でもないんだけど、消えていたことは消えていた。

「ニュース」のランキング