産経ニュース

【箱根火山活動】温泉供給施設立ち入り、条件付きで許可へ 保守点検が可能に

ニュース 事件

記事詳細

更新

【箱根火山活動】
温泉供給施設立ち入り、条件付きで許可へ 保守点検が可能に

蒸気を上げる箱根山・大涌谷=11日午前、神奈川県箱根町(宮崎瑞穂撮影)

 噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられた箱根山(神奈川、静岡県)について、神奈川県箱根町は11日、大涌谷(おおわくだに)への温泉供給施設関係者らの立ち入りを、条件付きで許可することを決めた。これにより、温泉供給施設の保守、点検が可能になる。

 同町は気象庁などの観測データをもとに検討。その結果、最も噴気が出ている場所から半径200メートル内に立ち入らない▽立ち入りは午前9時~11時の2時間に限定▽強固な安全装備を身につける▽連絡員を帯同し、連絡体制を保持する-の条件付きで関係者の立ち入りを許可した。

 同町は5日に大涌谷の半径約300メートルに避難指示を出した後も、温泉供給施設関係者に限り立ち入りを許可していたが、8日に国土地理院(茨城県つくば市)が大涌谷付近で昨年10月より最大約6センチ隆起していたと発表したことを受け、9日以降の立ち入りを規制していた。国土地理院は11日、大涌谷付近が3月より最大約8センチ隆起したと発表した。

 箱根山では11日も体に感じる震度1の地震が1回観測された。火山活動が活発化した4月26日以降、有感地震が2日続いたのは初。

「ニュース」のランキング