産経ニュース

箱根山の噴火警戒レベルを2に引き上げ・気象庁 「小規模噴火の可能性」

ニュース 事件

記事詳細

更新


箱根山の噴火警戒レベルを2に引き上げ・気象庁 「小規模噴火の可能性」

火山性地震が続く箱根山の大涌谷=5日午後

 気象庁は6日、火山性地震が増加しているとして、箱根山(神奈川、静岡県)の噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げた。同日午前6時すぎ、火口周辺警報を発表した。気象庁は現地調査で、大涌(おおわく)谷の温泉施設で蒸気が勢いよく噴出しているのを確認。「今後、大涌谷周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性がある」としている。

 同庁によると、箱根山の火山性地震は4月26~30日に67回を観測し、5月1日には2回に減ったが、2日以降は再び増加。5日には、箱根湯本で震度1の地震を3回観測した。

 同庁は、小規模噴火に伴って飛散する大きな噴石に警戒するとともに、大涌谷周辺には立ち入らないよう呼びかけている。

 神奈川県箱根町は火山活動の活発化に伴い、ハイキングコースなどの一部を閉鎖していた。

このニュースの写真

  • 箱根山の噴火警戒レベルを2に引き上げ・気象庁 「小規模噴火の可能性」

「ニュース」のランキング