産経ニュース

【官邸ドローン事件】自称「ローンウルフ」 犯行“公開”も痕跡つかめず…テロ対策の難しさ浮き彫りに

ニュース 事件

記事詳細

更新

【官邸ドローン事件】
自称「ローンウルフ」 犯行“公開”も痕跡つかめず…テロ対策の難しさ浮き彫りに

 「官邸サンタ」を名乗る人物がブログに掲載したドローンや反原発メッセージの写真

 来年予定される主要国首脳会議(サミット)や2020年東京五輪を控え、テロ対策は喫緊の課題となっている。板橋氏は「テロのインフラとなり得る物質や機器を割り出し、販売時の本人確認や登録を義務化する法制度を検討すべきだ」と訴えている。

このニュースの写真

  • 自称「ローンウルフ」 犯行“公開”も痕跡つかめず…テロ対策の難しさ浮き彫りに
  • 自称「ローンウルフ」 犯行“公開”も痕跡つかめず…テロ対策の難しさ浮き彫りに
  • 自称「ローンウルフ」 犯行“公開”も痕跡つかめず…テロ対策の難しさ浮き彫りに

「ニュース」のランキング