産経ニュース

池袋の公園で毎時480マイクロシーベルトの放射線量検出 地中に何かの物質か

ニュース 事件

記事詳細

更新


池袋の公園で毎時480マイクロシーベルトの放射線量検出 地中に何かの物質か

毎時480マイクロシーベルトの放射線量が測定され、フェンスで囲まれた公園の遊具=23日夜、東京都豊島区

 東京都豊島区は23日、区立池袋本町電車の見える公園(同区池袋本町)の地表から、国の除染の基準値(毎時0.23マイクロシーベルト)を大きく上回る同480マイクロシーベルトの放射線量が測定されたと発表した。区は、何らかの物質が地中に埋められているとみて、公園を立ち入り禁止とした。

 区によると、22日に園内の滑り台などが付いた複合遊具1台から、同0.06~2.53マイクロシーベルトの放射線量を検出。区は原子力規制委員会の助言を受け、23日に改めて遊具周辺を測定したところ、遊具付近の地表の一部から、同480マイクロシーベルトの放射線量が検出された。

 高い放射線量が測定されたのはこの一カ所のみで、遊具周辺は22日からフェンスで囲み、立ち入りをできなくしていた。区は専門業者に依頼し、対象物の特定や除去を行う。また、池袋保健所に窓口を設けて、公園利用者らからの健康相談を受け付けるとしている。

「ニュース」のランキング