産経ニュース

日本人に名義借り無許可で多国籍パブ経営 容疑のバングラデシュ人逮捕

ニュース 事件

記事詳細

更新


日本人に名義借り無許可で多国籍パブ経営 容疑のバングラデシュ人逮捕

 日本人の名義を借り東京都墨田区で多国籍パブを経営したとして、警視庁保安課は、風営法違反(無許可営業)容疑でバングラデシュ国籍でパブ「ふれあい」実質経営者、エムディ・ハック・モニ容疑者(39)=江東区北砂=と、日本国籍で「CLUB AMBER」実質経営者、八(ハッ)宮(ク)利(リ)本(ポン)容疑者(33)=江戸川区小松川=を逮捕した。

 保安課によるとハック容疑者は否認し、八宮容疑者は認めている。同課は名義を貸した日本人の男2人も摘発した。

 ハック容疑者と八宮容疑者の逮捕容疑は3月、無許可でホステスに接待させる多国籍パブを営んだとしている。

「ニュース」のランキング