産経ニュース

高崎の硫酸事件で30歳男逮捕 傷害容疑で群馬県警 女性4人被害、関連捜査

ニュース 事件

記事詳細

更新


高崎の硫酸事件で30歳男逮捕 傷害容疑で群馬県警 女性4人被害、関連捜査

高崎市の連続硫酸事件で群馬県警が重要参考人として公開した男の画像(県警提供)

 群馬県高崎市のショッピングセンターで買い物中の23歳の女性に硫酸をかけ、けがをさせたとして、県警は7日、傷害と器物損壊の疑いで、高崎市山名町、無職、北村宣晃容疑者(30)を逮捕した。県警によると、容疑を否認している。高崎市内では2日以降、女性が硫酸とみられる液体をかけられる事件が相次いでおり、県警は一連の事件への関与を調べる。県警によると、JR高崎駅ビルと高崎市矢中町のショッピングセンターで2日と6日、女性計4人が液体をかけられ、足に軽傷を負う事件が発生。セーターやタイツの一部が溶けたり、穴があいたりした。

 うち2日に発生した2件の液体は鑑定の結果、硫酸と判明。県警は同一人物による犯行とみて6日、防犯カメラに写っていた男の写真を公開し行方を追っていた。

「ニュース」のランキング